恵庭・千歳・登別、エコパークと水族館、渓流の天然足湯。

MENU

【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

恵庭・千歳・登別、エコパークと水族館、渓流の天然足湯。

札幌を拠点に観光したいけれど、
札幌市内の施設にはもう飽きた・・・

 

札幌周辺にも楽しい穴場施設が沢山散らばっていますよ!

 

まず札幌の隣、恵庭市(えにわし)。
漢字が示す通り、恵まれた庭にあふれたガーデニングの街です。

 

代表的なのが「エコリン村」というテーマパーク。

 

門を潜るとだだっ広い敷地内にこれでもか!
といったくらいの様々な庭が目を楽しませてくれます。
花の写真を撮るのが好きな人とっては、
一日中いても時間が足りなくなるでしょう。
種類は少ないけれど、動物たちと触れ合う事もできます。

 

そのまま南下して千歳市へ。
インディアン水車というサケの捕獲場があり、
そこに「千歳サケのふるさと館」いう施設があります。

 

ここには千歳川の水中に観察窓が設置されており、
千歳川を遡上してくるサケ・マス、その他の淡水魚が、
魚の視点で間近で観測できるのです。
水族館も兼ねているので、
北海道に棲む淡水魚の展示や、資料も豊富に揃っており、
学術的好奇心もしっかり満たしてくれます。

 

水族館絡みでもう一つ紹介を。
札幌からは少々遠くなりますが、
北海道屈指の温泉郷、
登別に「登別マリンパーク ニクス」という水族館施設があります。

 

恵庭・千歳・登別、エコパークと水族館、渓流の天然足湯。

 

異国情緒を無理矢理施したような外見は少々気恥ずかしいのですが、
生き物達の充実っぷりはなかなかのもの。
とくにゾウガメを初めとする爬虫類関係のコーナーが気に入っています。

 

入場料は2400円と少々高めですが、
その分、テーマパークとしての施設もあり、
頑張って集客しよう!という意気込みが感じられます。

 

登別には「伊達時代村」「熊牧場」など、
ベタなテーマパークが揃っていて、
それはそれで楽しめるのですが、
最後に紹介したいのは天然の足湯(もちろん無料!)

 

登別の火山活動を象徴する「地獄谷」を通り過ぎると、
大湯沼というこれまた火山活動の証となる沼があり、
そこから流れ出た大湯沼川という渓流が温泉の川となっているのです。

 

入浴施設ではないけれど、素足になって川に入ればそこはもう天然の足湯、
手つかずの自然に囲まれて、身体も心も癒されること間違いなし!
この周辺エリアでは絶対のオススメスポットです。
ぜひ訪れてみてください。