ダムのない川、釧路川をたどって。

MENU

【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

ダムのない川、釧路川をたどって。

道東一の大河、釧路川の下流部は、
日本最大の湿原である釧路湿原を形成します。

 

湿原をのたうつ大蛇のように蛇行する釧路川は、
ダムがひとつもない貴重な大河であり、
周辺は湿原ならではの独特の生物相を育んでいます。

 

この釧路川を水源からたどってみましょう。

 

釧路川の水源は屈斜路湖、
よって川は水源から豊富な水量をほこり、
原生林の中をゆったりと流れます。
立木枯れした原生林を青々と流れる水面は、
この世の川とは思えない不思議で感動的な流れです。

 

釧路川は弟子屈(てしかが)から標茶町(しべちゃちょう)にかけて、
清流と化しますが、人の営みと共存する地区、
残念ながら河川改修が進んでいる水域でもあります。

 

標茶町を過ぎるといよいよ川は湿原の中を流れ始めます。
右手に広がるのがシラルトロ湖、
湿原のシンボルであるタンチョウヅルを始め、
多様な渡り鳥が静かな湖面を横切る光景は、
見る者に静かなる感動を与えます。

 

次に迎えてくれるのが釧路湿原の海跡湖では最大の湖、塘路湖(トウロコ)。
その反対側にある「ザルボ展望台」に登ると湖全体が見渡せる絶景が広がります。

 

さらに進んで国道を右折、細岡展望台へと向かいます。
何だか痛そうな名前、達古武湖(たっこぶこ)を右手に眺めながら進むと、
やがて道は釧路川のすぐ脇を流れます。

 

ここの釧路川は必見!
重い流れが湿原を蛇行し、
その圧倒的存在感に恐れさえ抱くことでしょう。

 

そしての流れを眼下に見渡せるのが、この先の「細岡展望台」
太古から変わりない湿原と川がおりなす光景に目を奪われます。

 

圧巻なのは日が沈む夕暮れ時、
湿原全てをオレンジ色に染め上げる瞬間、我々は言葉を失い、
古代からの血が脈々と流れることを悟るのです。

 

やがて釧路川は岩保木水門で流れを変え、新釧路川と旧釧路川に分かれます。
一度も使われたことのないというこの水門も人工的な建築物でありながらも、
湿原の風景に妙にマッチして必見です。

 

ダムのない川、釧路川をたどって。

 

旧釧路川は霧の町、釧路で太平洋に注ぎます。
河口付近にかかる「幣舞橋(ぬさまいばし)」は、
北海道の三大名橋として旅人のロマンを掻き立ててやみません。