知床半島小河川、鮭の遡上やオショロコマ。

MENU

【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

知床半島小河川、鮭の遡上やオショロコマ。

知床の観光と言えば、北側のウトロ方面、
知床五湖やオシンコシンの滝やカムイワッカの滝なのですが、
私がお薦めしたいのは、南側、羅臼(らうす)方面の小河川をめぐる知床です。

 

標津方面から国道を北上していくと、まず知床半島では比較的大きな川、
忠類川にかかる橋を渡ります。

 

この忠類川は日本でサケ釣りの許可が下りた最初の川、
旧盆を過ぎたあたりから、カラフトマスが遡上し、
橋の上からでもその様子が観察出来ます。

 

知床半島小河川、鮭の遡上やオショロコマ。

 

実はこのサケ、マスの遡上、
これが知床を世界遺産にまで押し上げた要因のひとつです。
産卵を終えたサケが、その一生を終え、屍となって森を再生する。
このサイクルがあってこそ、
シマフクロウを守り、
ヒグマを育み、
海を豊かにしてきました。

 

 

 

 

国道を羅臼方面に進むと、沢山の小河川を渡ります。
どの川にも渓の宝石、オショロコマが生息しています。
このオショロコマ、渓流の魚としては最上流に棲む魚なのですが、
ここ知床では河口付近にまで生息しています。
つまり知床の川は河口から最上流の渓流のような形態なのです。

 

知床半島小河川、鮭の遡上やオショロコマ。

 

羅臼に近づくにつれ、自然は濃厚に、
そして驚く程、魚影も濃くなってきます。
それを確かめるにはちょいと竿を出して下さい。
子供や女性でも、簡単に数尾のオショロコマを釣り上げることができるでしょう。
本州では本格的渓流釣師が目を血走せて追い求めるイワナの仲間がですよ!

 

人の手に触れられていない渓とはなんと豊かであるのか。
この周辺の川はそのことを明確に教えてくれるのです。

 

羅臼を過ぎると自然は更に濃厚になり、
動物達の姿も増え、
既にエゾシカやキタキツネは多数目撃する事と思います。

 

ちょっとした川にも遡上する魚が見られ、
その数は圧倒的、驚く程の密度で遡上してきます。
運が良ければ、遡上したサケを狙うヒグマやオジロワシやオオワシ、
シマフクロウ(この鳥はちょー難易度高し!)が見られるかも・・・

 

相泊(あいどまり)という集落で車は終点。
ここには天然の露天温泉があり無料で入浴できます。
http://aidomarionsen.blog43.fc2.com/

 

ここから先の散策は徒歩ということになりますが、
ここからが本当の知床、
アイヌ語でのシエルトク(地の果てという意味)
の始まりかもしれません。